SSブログ

オヤジのケータイ小説:女優仕掛人 [小説]


女優仕掛人 (角川文庫)

女優仕掛人 (角川文庫)

  • 作者: 新堂 冬樹
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/10/23
  • メディア: 文庫



夕刊紙で掲載された連載小説。
そういう新聞の読者である、オヤジたちをターゲットにした小説だ。

本書の特徴は、いきなり本題から入って、これでもかこれでもかとえぐいシーンが続く構成。
人物の背景や、伏線などは殆ど無く、分かりやすく・単純に衝撃的なシーンが続いていく。

おっさんはケータイ小説をバカにする。
曰く、セリフばかりで人物の描写がない。
曰く、センセーショナルな事件ばかりで現実性がない。
曰く、簡単な言葉で構成されていてサルでもわかるレベルになっている。

これらは、形こそ違えど、本書にも当てはまる。
とにかく単純で、衝撃的で、ありがちなシーンを狙った本書。
正しくオヤジ版のケータイ小説と呼ぶにふさわしい。

いい悪いではなく、そういう作りの本書。
最近の新堂冬樹にしては、(それでも)話になっている方だけど、若い人には薦められない。

個人的な好みだけから言えば、新堂冬樹は昔の「カリスマ」のような、重厚な物語のほうが好み。
最近のは若干、お手軽なエグさに走っているようで、好みに合わなくなってきています。

☆☆★(☆二つ半)

他のBlogの反応はこちら
http://happygrain.exblog.jp/7885909/
http://blogs.yahoo.co.jp/vibavibacacyaanai/27017385.html
http://limeseven.seesaa.net/article/141116979.html
http://mybookreview.seesaa.net/article/114092401.html
http://ameblo.jp/hatarakanai/entry-10228758568.html





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます